MENU
ご予約・お問い合わせ042-748-7651

ブログ

Blog

淋病

病原体は淋菌で、性的接触による粘膜接触で感染します。潜伏期間は2~7日です。 症状としては、女性ではおりものや不正出血が見られるか、あるいは症状が軽く、気づかないことも少なくありません。咽頭や直腸への感染もありますが、自覚症状が無く、気づきにくいものです。 診断は性器、尿道からの分泌物や口腔などから病原体分離培養、あるいは核酸検査(PCR)で行います。

治療には抗菌薬を使いますが、各種の抗菌薬に対して耐性率が高くなっています。放置すると不妊の原因になることがあるほか、感染した母体から出産した新生児が淋菌性結膜炎になることがあります。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ